平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

7.血便が・・・あぁぁ〜どうしてしまったの??

nana6.jpg2007年6月

6月に入って下痢が続いていたのですが、ついに血便が出始めました。
おぉぉぉ〜何てことでしょう!
2週間以上薬をもらって飲んでいたのですがどんどんひどくなってついに6月20日検査入院することになりました。内視鏡で大腸を検査することになりました。
大変です

6月22日先生から「大腸に潰瘍があり、そこから出血していました。その出血については問題ありません。でも、十二指腸の近くが異常に狭くなっていて検査の為に空気を腸に入れたのですが、その細くなっているところから先が膨らまないし、内視鏡も通らないほど狭くなっている。組織を取って検査に出しているが、もしかしたら腫瘍があって狭くなっているのかもしれない」とのことでした。

検査結果を待って、早目に手術をした方がいいと言われました。
「アジソン病が治った」と喜んでいたのに・・・ふぅう〜

よくもまあ〜次から次に・・・・
とりあえず、検査まちです。


posted by ななかな at 16:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 闘病記1〜11(アジソン病)
この記事へのコメント
ブリュッセルグリフォンの雄5才に来月なります。
先程病院〜電話を頂きアジソン病と言われました。
昨日〜入院しています、私はショックの余り、頭が真っ白、涙も止まりません。私の責任かなとただそれだけです。今はただ、ただ自宅に帰って来れて、と願ってます。
Posted by アズキ at 2014年12月06日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。