平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

10.毎日病院通いしてます。

nana11.jpg今日は非常に気が重いのですが、がんばって病院に行って来ました。
相変わらず病院の待合室は大勢の患者さん(ワンちゃん猫ちゃん)であふれていました。
暑くなってくると人間も動物も体調不良になりやすいんですかねぇ〜。

今日も血液検査をしていただきました。

やっぱりアジソン病は治ってなかったようです。
がっかりです。

  7月4日 ナトリウム 119   カリウム 5.5  クロール 94
  7月5日 ナトリウム 116   カリウム 5.4  クロール 82
今日からフロリネフ再投与開始です。

背中のコブはウミでした。外傷が全くないのにウミが何で背中にたまっているのか不明!
熱はないが貧血がひどい!とのことです。

もう・・・ようわからんです。
「今日ご飯を食べなかったら明日入院して検査をした方がいいですね」と言われました。
「ひぇぇぇ〜に・ゅ・う・い・ん!!・・・今はドッグフードは食べようとしないので缶詰でもあったらください」
とドッグフードの缶詰をいただいて帰りました。
帰ってすぐにいままでのドッグフードと缶詰(処方食 アイムス 腸管アシスト 【犬用】 )を混ぜてフロリネフを半錠入れてやると
まあ〜食べるわ食べるわ・・・・3秒で完食!!
「もっとちょうだい!」「なぬ?」

日頃、ドッグフードしか食べていないナナにとってはこの世の物とは思えないほどの
味だったのでしょう・・・カルチャーショック!!って感じですね。
やはり、日頃から人間の食べるものは一切与えずカリカリのドライのドッグフードだけ食べているので
こういう緊急事態の時には本当に缶詰のフードって役に立ちます。

明日までに元気になってくれるといいのですが・・・祈るばかりです。

posted by ななかな at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記1〜11(アジソン病)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。