平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

13.緊急入院 最悪の状態です。

2007年7月20日
いつも通っている動物病院に朝一番に行きました。
早々に昨日の事を伝え、血液検査とレントゲンを撮っていただきました。

先生から「症状が進みすぎている、かなり、深刻な状態です。」と言われました。
膵炎が再発(今年に入って一度膵炎を起こしている)していて、貧血もひどく、黄疸も出ていて、脱水症状がある。一刻の猶予もない状態だとのことです。

「出来るだけのことはするからね・・・がんばろうね・・・」と言って下さいました。ナナの居ない我が家は・・・こんなにも味気ないものだと、初めて知りました。
大きな空洞が出来たみたいで・・・

インターネットで調べてみると、アジソン病のワンコが最後は膵炎で亡くなっている例がある事に気がつきました。

そっか〜、それで先生が前から「膵炎が一番怖いからね」と言われていたんだ・・・
薬のせいなのかなぁ〜
犬の病気のことはよくわからないので、よけいに不安です。

たとえば、一人の人間が30歳から犬を1頭づつ飼い始めたとすると・・・・・そして、犬が長生きしてくれて15年生きたとすると・・・・人生でたったの3頭しか飼う事ができない、って事ですよね。

一頭一頭のワンちゃんを本当に大切に育てないといけないなっと痛感しています。
 

がんばれ、ナナ
明日見舞いに行くからね・・・!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53537618
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。