平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

闘16.毎日毎日ナナのお見舞い・・・

nana54.jpgまたまた病院に見舞いに行ってきました。
元気にほえてはいますが、まだまだしんどそうです。

ワンワン吠えては苦しそうに肩で息をしています。
元気になるのでしょうか?
心配です。


先生から「血小板が増えないのでまだ、先の見通しが立たない」と言われました。
血小板が増えてくれないと脾臓の組織検査の為に針を刺すこともできないとのこと。

ずっと点滴をしているのでエリザベスカラーは外せません。

nana53.jpgでも、入院したときに比べると舌の色が少しだけピンク色になっています。

ドッグフードはよく食べている、との事だったので
一安心です。
人間でも動物でも口で物が食べれるようになると
回復するのも早いです。

しんどかったね〜ナナちゃん・・・
でもよく、がんばったね。今回はもう生きて家に帰れないんじゃないか・・・と覚悟を決めていました。
こんなに元気になるとは・・・・ナナちゃんって、以外と生命力あるわね。

アジソン病になって2年と数ヶ月の間、入退院を繰り返し、何度、生死の境を
さまよった事か!
本当にもうこれ以上ナナが苦しむのを見るのは辛いです。

入退院を繰り返し、ヨレヨレになりながら、もう6,7年生きるよりも
元気で犬らしく飛び回って・・・走り回って・・・おいしい物をしっかり食べて
1,2年生きるほうが幸せなのではないかな?
と思う、今日この頃です。
あまりにも長く苦しんでいるのでついついこんな事を考えてしまいます。

みなさんは、どう思われますか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。