平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

26.抗がん剤・・・投与は延期されました。

2007年8月10日

今日は動物病院に始めての抗がん治療に行きます。不安ばかり・・・
抗がん治療した方がいいのか?しない方がいいのか?
抗がん剤は結局は毒!副作用で苦しむはず!
病気が治ってしまう治療ではなく・・・延命治療だけの抗がん剤。

いくら元気のいいナナとは言え、脾臓摘出手術をしたばかりの・・・ナナ
7キロほどの体重でガリガリに痩せていて本当に抗がん治療に耐えれるのかしら?
動物病院に行く用意をしながらも心は揺れ動いてしまう。

今日は術後の抜糸もあるのでとりあえず動物病院へ・・・
病院はお盆前ということもあってか、待合室に入れないほどの人でした。
毎日のように動物病院にここのところ通っているので同じ患者さんに会ってしまう。
目が合うので思わず会釈をしてしまいます。仲間意識ってやつですね。
皆さんも大変だなぁぁ〜

「傷口もきれい!」という事で抜糸をしていただきました。
先生から「今日抗がん剤を入れようと思っていたんだけど、最初とても強い抗がん剤
入れるので 嘔吐・下痢・発熱などの副作用があるかもしれないからお盆開けに抗がん剤を
入れようかと思う。副作用は抗がん剤を入れてから2,3日経ってから出ることが多く
動物病院がお盆は休みに入るので対応してあげれないから」とのこと。

「でも、先生一刻も早く抗がん剤を入れたほうがいいんじゃないですか?日に日にシコリが
大きくなってるんだけど・・・」と不安そうに聞くと
「本当は早く入れてあげたいんだけど病院が休みの間に何かあっても対応してあげれない。
ガンの巣だった脾臓を摘出しているので6日後くらいなら大丈夫だと思うから」と言われました。

副作用の出る犬と出ない犬がいるそうです。
ナナはどっちなんだろう・・・・

副作用が強く出たら・・・ナナはきっと苦しむんだろうなぁぁ〜
耐えれるかしら?・・・・・ナナも私も・・・

家に帰ってから元気な今のうちにドッグフードをしっかり食べさせておかねば・・・
と思い、晩のドッグフードはいつもの1.5倍与えました!!!
ナナちゃん・・・「えっ何でぇぇ〜」っと疑りぶかそう〜な目で私を見上げながら・・・
完食!!
大満足の・・・ナナでした。

お盆開けの8月16日・・・最初の抗がん剤投与です。

posted by ななかな at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記26〜41(抗がん治療1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。