平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

33.今日2回目の抗がん剤投与

2007年8月23日(木)

今日2回目の抗がん剤を入れに動物病院に行ってきました。
待合室で9ヶ月の黒バグ犬に熱烈歓迎されました。
「私を見て!さわって!なでて〜〜」って超過激な歓迎振り。
待合室のアイドルでした。パグもかわいいなぁぁ〜。

診察室に入って体重測定、7.7Kg
先生から「どうですか?調子は?」
私「う〜ん・・・・・ふぅぅぅ〜・・・」
先生「ため息しか出ませんか?ハハハ・・・まあ〜ね。最初は2種類入れてるからね、きついからね」

先生に副作用があったことをお伝えし、血液検査をしていただき
抗がん剤を注射する時になって・・・・先生が
「この子は病気を繰り返し点滴をたくさんしてきているので血管がボロボロになってるから
注射がしにくいんだよ」とのこと。

何度か針を替えながらやっと注射完了!
再来週には点滴をしないといけないとの事。
点滴を入れる血管確保が難しいとの事。
わぉ〜どうする?

先生が「しこりがとても小さくなっているのでよく抗ガン剤が効いてるね」と言って下さいました。

今日の抗がん剤は膀胱炎になりやすいので、出来るだけおしっこを貯めない様にしないといけないそうです。
しっかり体内にたまっている物質を出さないといけないので利用剤も2日分いただきました。

ナナは人間が家の中に居るとおしっこをしない犬です。

よく気をつけて2,3時間に1回はおしっこをさせに外に出て行かなければなりません。
でないと・・・・
アジソン病+脾臓摘出+リンパ腫+膀胱炎=大変(@_@;)

先生が「ついこの間なんだけど、26週間抗がん剤を打ち続けてガンが治ってしまって(?)
今、抗がん治療を中止している犬がいるんだよ」と言われていました。
へぇぇ〜そんな犬もいるんだね。
ああぁぁ〜ダメダメ・・・淡い期待を抱いちゃ!!


posted by ななかな at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記26〜41(抗がん治療1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53541667
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。