平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

37.朝から・・・めちゃ調子・・・悪い

nana78.jpg2007年8月31日(金)

朝から何かおかしい???
グッタリしている。
ほとんど動こうとしない。
朝ゴハンは食べたんだけど、いつもの食いっぷりと違う。薬をやらないといけないので動物病院からもらっていた缶詰を開けてその中に薬を入れてやると食べてくれました。

夜のゴハンもほとんど食べなかったナナ・・・
でも、缶詰をやると何とか食べてくれました。
そして、そして、そして・・・夜・・・7時ごろ
突然、大量のドッグフードを吐き戻し始めたのです。
何度も何度も・・・
それは、2〜3時間おきに繰り返され翌日の朝まで続いたのです。
一晩中苦しがり、胃の内容物がなくなってしまった後は、黄色い胃液と泡を吐き戻すようになりました。
もう・・・家の中はぐちゃぐちゃ!ナナはよれよれ〜
翌日の朝7時ごろフロリネフ(アジソン病の薬)だけは飲ませないといけないと思い、何とかナナの口を開けさせて飲ませたのですが・・・すぐに胃液と一緒に戻してしまいました。
「もう〜だめかな」と、またそんな思いが頭をよぎってしまう。
10時ごろまた嘔吐
慌てて動物病院に走る。
先生に「嘔吐が止まらない、抗がん剤の副作用でしょうか?」とお聞きすると「副作用が出るのは数日後、ちょっと早すぎる」とのこと。
検査結果
脱水症状もあり電解質のバランスもぐちゃぐちゃ
点滴を打っていただき、家に帰りました。
どうして、こうなるの?
ナナの体の中で何が起こっているの?
「動物を飼い始めたら最後まで責任を持って飼う!」そう思って病気と闘ってきたこの2年間・・・
看病するのは本当に大変。
まだまだ抗がん治療は続く・・・
先の見えないトンネルの中を歩いているように思える。

posted by ななかな at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記26〜41(抗がん治療1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53875606
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。