平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

お腹の傷よ!どうか、治っておくれ

2007年11月5日(月)
今日はお昼から雨。
気持ちも何だか「どよよ〜〜ん」としてしまいます。
抗がん治療の静脈注射のが随分良くなりました。
毛も少しずつ生えてきて痛々しさも消えてきました。
nana162.gif

でも、お腹の傷はごらんの通り!
抜糸した痕も「ぐちゅぐちゅ」とウミが出続けています。
中の筋肉を縫っている糸にアレルギー反応を起こしているのです。
困ったものです。
治すには開腹して中の糸を取り除かなければなりません。
全身麻酔をして、お腹を開けて・・・って、事になります。
たいした手術ではないのですが、
でも、もう、今はちょっと・・・・
リンパ腫の治療の方が優先。無駄な体力は使えません。
ご本人のナナさんは、ケロッとして走り回っていて、気にしていない様子。
よしよし、いい子だ(*^_^*)
nana164.gif

先日、走り回っていて左手の鬼爪(って言うんだっけ?)を引っ掛けてしまい、爪が途中で折れて血が出てしまいました。
そう言えば、爪切りしてやってなかったんです。
鬼爪、すごい伸びていました。もうこうなってしまっては痛がって爪を触らせようともしません。
アジソン病のナナ、少し手を触ろうとするだけで「ブルブル」と小刻みに震えます。
「しまった!!」
そう〜っと優しく体を抱いてやると「ピクッピクッ」と下半身が震えてる。
しばらくするとおさまるんだけど・・・この病気との付き合いも難しいです。
もっと早く気がついてやればよかったんだけど・・・
ごめんね。ナナ。
nana163.gif
こっちが良くなればあっちが悪くなる。
もう〜どうして、こうなるの?
ツギハギだらけのナナのワン生です。
でもでも、がんばっています!!
明日は病院に行って血液検査をする日です。
良い結果がでるといいなぁぁ〜


♪ランキング応援よろしくおねがいします♪
corgibanner01.gif
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

posted by ななかな at 16:49 | Comment(9) | TrackBack(0) | 愛犬ナナの何気ない毎日
この記事へのコメント
ナナちゃんどこ見ても痛そうだね。。
早く良くなるといいね。。
そんなことしか言えなくて申し訳ないんですが・…
せめて傷口だけでもよくなるといいですね。
ナナママさん、がんばってね^^v
Posted by ピッピママ at 2007年11月05日 18:10
む〜ん、痛々しい・・・。
何とかしてあげたいなあ(>_<)

お天気悪かったり疲れがたまったりってほんといらいらして気分も沈んじゃうもんですよね。関東地方は明日から雨降りみたいだし、わたしもなんか下降線。

でも、ナナちゃん頑張ってるし明日の結果もきっといいはず。と信じて頑張りましょ(^_^)v
Posted by ぶん at 2007年11月05日 21:48
痛々しくて・・・でも食欲あって元気なんですよね?
ナナちゃんがんばれ〜!
ナナママさん見てて辛いだろうけど笑顔を絶やさないように!
ワンは飼い主の顔を見て元気を出すので!
うちも辛いけど笑顔絶やさないようにしてます。
血液検査の結果祈ってます。
Posted by きなママ at 2007年11月05日 22:10
痛々しくて、痛々しくて・・・
ナナちゃんの頑張りがとっても愛おしいです。
アレルギーを持っている子の糸はとても危険らしいですね。
私も少し前に知りました。
血液検査、良い結果でありますように!
↓の「名無しのごんべい」は私でした(^^ゞ
おっちょこちょいがバレバレです〜!ごめんなさい<(_ _)>
Posted by リオmama at 2007年11月05日 23:49
わんこの回復力にはホントに驚かされます!
うちの子も、摘出手術直後に放射線治療を始めた肘は、
皮膚は赤黒〜く変色し、抜糸後もグジュグジュして
目も当てられない状態でしたが
今では(1ヶ月経過)グジュグジュはなくなり
赤黒さも、ずいぶんましになったし
何よりうっすらと毛が生えてきました!
本当にすごい回復力!
人間じゃなかなかこうはいきません。
これもこの子の「生きたい」証しだと
更に心強く思えてしまいます。

おなかの膿と、おてては心配だけど大丈夫!
いつもいつも、こんなに頑張ってるナナちゃんだもの!
きっとすぐに良くなるよ!
「生きたい」パワーとママの愛情が何よりものお薬だよ!!!
Posted by さくらのママ at 2007年11月06日 00:59
うわ〜足、血が出てるよ〜。
親指の爪だよね?
痛そうだ・・・・
早く良くなるといいねぇ。
アジソン病って薬のせいなのか、
血は止まりずらいし傷も治りずらいよね。


お腹も・・・本人(犬)が平気そうってことは痛みはないのかな。
痛いとかかゆいとか、そういうのは本当にかわいそうだもんね。
そういうのは一番に対処してあげたい項目だよね。

うちも注射するのにバリカンかけた前足、
3ヶ月だってようやく生えました。
お腹も生えてきて安心しました。
北海道はこれから積雪するので毛が無いと寒いですもんね。
Posted by kuro at 2007年11月06日 23:14
<ピッピママ様>
ピッピちゃんその後、元気ですか?
愛犬が病気になるとほんとうに辛いです。
もう大変(>_<)でも、みんなが応援してくれてるからがんばれるんですよ〜(*^_^*)
一歩一歩乗り越えていきます。
ピッピママさんありがとうございます。

<ぶん様>
はいヽ(^o^)丿雨は憂鬱になりますよね。
元気なのはナナだけです。この雨降りでもカッパきて散歩に行きました。
ナナの元気はどこから湧いてくるんでしょう!でも、ありがたいことです。

<きなママ様>
そうですね。ありがとうございます。
きなママさんも辛い思いをされたんですよね。
笑顔で乗り越えないとね、笑顔でね(*^_^*)
犬は人間の顔色・言葉遣い・目の動きを良く見てるもんね。だって、何年も一緒に生活してるんだから、今、何を考えているのかきっと感じ取っているよね。
がんばります。
でも、この笑顔時々引きつるんですよ(ーー;)

<リオmama様>
「名無しのごんべい」さんはリオmamaさんだったんですね。失礼しました(*^_^*)
いつもありがとうございます。
今日、動物病院の先生から「コーギーやダックスはアレルギーの子が多い」と聞きました。
ナナも生まれつきではなくある日、突然、アレルギーになったんです。
ナナはまだ軽い方で、先日、動物病院で毛の生えていないダックスちゃんに会いました。犬種が判らないほど毛が抜けていました。もう、見ててかわいそうで涙が出てきました。気をつけてくださいね。

<さくらのママ様>
あぁぁ〜さくらちゃんもそうだったんですね。やっぱり、放射線治療や抗がん治療は体によくないんですよね。
今が辛抱の時ですね。
6ヶ月だね、6ヶ月!
さくらちゃんもがんばってね。

<kuro様>
うんうん、確かに、血は止まりずらいです。傷も治りにくいし…
また、小まめに爪を切ってやっていたらよかったのに、ずぼらな私なので、こうなってから、気が付くんですよね。
後悔先に立たず!です。
ナナは開腹手術を繰り返している為、お腹の毛も生えかけては剃られ、生えかけては剃られ、だったので、「毛」もさすがにあきらめたのか生えてくる気配さえ感じられません(ーー;)
今年ははじめて、寒い冬に備えて、服を検討中です。着てくれるといんですけどね。
Posted by ナナママ at 2007年11月07日 10:50
はじめまして。
はじめてコメントします。
ナナちゃんの明るくがんばってる姿を見て、
元気と力をもらっています。

ナナちゃんのお腹の傷が治らないということで、
とても心配になりました。
じつは、うちの犬は避妊手術をしたときの糸にアレルギー反応をおこして、
肉芽腫ができて、痛みが出てきて、
糸を取り除く手術をしたのですが、肉芽腫が大きくなりすぎて
全部は取り除けずに、現在お薬を飲み続けています。

糸のことを書いているページは
http://www.eonet.ne.jp/~greenpeas-ah/hp-data/housin/C-002.htm
です。

うちの犬が糸に反応してできた肉芽腫で苦しんだので、
ナナちゃんの、お腹の傷を見て、
とても心配になったのでした。

糸は取り除かなくてもよくなるのか、先生に尋ねられてもらえたらと思います。

ナナちゃん、これからも応援しています。




Posted by ミーコ at 2007年11月07日 11:07
<ミーコ様>
はじめまして、こんにちは(*^_^*)
遊びに来てくださってありがとうございます。
さっそく、糸のことが書いてあるページ見ました。
見れば見るほど恐ろしくなってきます。
怖いですねぇ〜〜。
ミーコさんところのワンちゃんはある意味被害者ですね。つらい思いをするのはワンちゃんだもんね。
ナナは前回の手術の時は、糸に激しく反応した為、再度手術をして糸を取り除きました。その後はびっくりするくらいきれいになっていたのですが、
今回は脾臓摘出手術後、すぐに抗がん治療が始まって(抗がん剤を体に入れると傷が化膿して治りにくくなるそうです)、糸を取り除くことができなくなりました。
抗がん治療が終わって、体力があれば糸を取り除く手術をしていただこうと思っているのですが、今はただ祈るばかりです。
早く抗がん治療が終わるといんだけど…
それまで、元気でいたくれたらいんだけど…
お腹の糸よ!どうか、それまで悪さをしないでおくれ!!
Posted by ナナママ at 2007年11月08日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。