平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

61.抗がん治療は中止…肝臓の値が悪く、黄疸が…

2008年1月11日(金)
病院に行ってきました。

ここ数日、非常に体調の悪いナナ。
異常なほど疲れやすく、ほとんど寝てばかり。
それも、グッスリ眠れないのか、苦しそうに何度も何度も寝返りを打つ。
そして、苦しそうなため息をつく。
見ているのがしんどくなる。
ついつい家族の会話は
「もう治療は中止したほうがいいのかもしれないね」
「見ているのが辛いね」
こんな会話ばかり。

でもね、見た目はとっても元気そうで「おもちゃ」で遊ぶこともあり、よくゴハンも食べるんですよ。
不思議でしょう・・・

先生とも治療を続けるかどうか相談をしました。
「う〜ん、難しいね」と先生。
リンパ腫のシコリは大きくもなってないけど、小さくもなっていない。
でも、もう、抗がん治療も限界とのこと。

そして・・・血液の検査結果は・・・
「以前よりも肝臓の数値が悪く、黄疸が出始めているので、抗がん治療は中止せざるおえない!」とのことでした。
肝臓が悪化していたため、非常に疲れやすかったのだろう・・・とのこと。

もう、引き返すことの出来ないところまで来たのかも知れない。

これから先も後悔しないよう、出来る限りの事をしてやろうと思っているのだけれど・・・
どこまで治療したらいいの?
もう、どうしてやったらいいのか、わからなくなります。

いっそ、治療を中止して、
「犬らしく生きて犬らしく死なせてやりたい」
そう思うのは私のわがままなのかしら・・・


nanau24.gif


posted by ななかな at 16:37 | Comment(12) | TrackBack(0) | 闘病記58〜(抗がん治療4)
この記事へのコメント
辛いですね…
物言わぬ小さな命…
ナナママさんの悩み…本当に苦しい決断ですよね。
どの道が良いのかわかりませんが、でも、結果がどうであれナナちゃんのそばにずっと寄り添ってあげることでナナちゃんは幸せだと思います。ナナママさんの手がそばにあるだけできっとナナちゃんは安心すると思います。

あまりこの言葉を使うのは良くないとも聞きますが、今の私にはこの言葉しか思い浮かびません。
ガンバレ!ガンバレ!ナナちゃん!!!
ガンバレ!ガンバレ!ナナママさん!!!
(^0^)/

Posted by LEEsMAMAN at 2008年01月11日 22:40
ママさん、辛いでしょうがしっかりしてくださいね。
ナナちゃんは、暖かく見守られていて幸せですよ。
最後までしっかり見届けていてください。
絶対後悔することはないですよ。
だって、こんなに愛情を注いでもらっているんですもの。
ナナちゃんも、ママさんの愛情をしっかり受け止めていてくれてます。
がんばってください。
Posted by みゆ at 2008年01月11日 23:04
そうでしたか・・・
苦しそうなんですか・・

治療を選択する飼い主側は本当に悩むところですよね。私もかなり悩みました。
私の場合は最初通っていた病院では抗がん剤を勧められたけど、次の病院では辛いからやめておきましょうと言われました。結局悩みに悩んで抗がん剤は打たなかったのですが打っていたらどうなっていたのかと亡くなって2ヶ月も経つのに色々考えてしまいます。
抗がん剤中止になると、あとはどんな治療があるんでしょうかね?今の病院の先生を信頼しているのなら先生の言うことを聞くしかないのでしょうかね。
こんなに可愛いくてとっても綺麗なナナちゃん・・・、この先ナナちゃんはどうしたら一番嬉しいのか教えて欲しいですね。
ほんと・・・言葉が喋れたらなぁ・・・。

犬らしく生きて犬らしく死なせてやりたいって、ナナママが涙を浮かべて打ってるようで・・・私も泣けてきます。
あの頃の私の気持ちと同じです・・・。



Posted by りえっち at 2008年01月12日 00:00
ナナちゃんの肝臓、弱っちゃってるんですね・・・
何とかよくなる方法はないのかなぁ。。
リンパ腫は落ち着いてくれてるのに。
抗がん剤治療のほかにはどんな治療をされてるのですか??
お薬程度だったら私なら続けるかなぁ・・・それで少しでもしんどいのが治まるのなら。
愛犬のしんどそうな姿を見るのは辛いし、、かといって過剰な治療をするのもナナちゃんの負担になりますもんね。
どうしたらいいのか分からなくなる気持ち、よくわかります。。
琴のことでも迷うことがあって、すべては飼い主の判断にゆだねられるので辛いですよね。
ちょっと時間をおいてみると考えも変わったり落ち着いてくるかもしれないですよ。
ナナちゃんのためにゆっくり考えてあげてくださいね。
こんなことしか言えなくてゴメンなさい。
Posted by リン at 2008年01月12日 02:06
年末にコメントさせていただいたマフママです。
愛する子の辛そうな姿を見るのは本当に辛いですよね。治療だって同じ。
もちろん一番辛いのはその子なんだけど。
ナナちゃんのそんな姿を幾度となく見守ってきたナナママさん。
うちのマフもね、元気ないかな…はありましたし寝てばかりでしたけどごはんもよく食べて普通に生活していました。

その時は伺えなかったのですが、マフがパピーの頃からお世話になっている先生がこうおっしゃいました。
「その子が少しでも苦しまないで過ごせる方法を考えましょう。」と。

連れていった病院で「数値が満たなくて手術が出来ない…無謀です。」と言われた後に相談したその先生の言葉が暖かく、すがる思いでその先生の元に任せようと決めたのですが、その時間すらありませんでした。

治療も望みがあるならできる限りのことはしてあげたいですよね。
私は薬一つ、注射一つすらもしてやれなかったので余計にそう思います。
でもそれがもし辛いだけであるならできるだけ自然に…そしてナナちゃんが少しでも楽でいられるような対処をしてあげたいですよね。
そしてお家でゆったり幸せな時間を過ごしてほしいなって。
ナナちゃんもそれが一番幸せに違いないですから。

よく遊びよく食べる…
「ママ!ほら大丈夫だよ(*^^*)」ってナナちゃん言ってるんですね。

過去記事を拝見してると、ほんとにナナちゃんは奇跡のような子ですよね。
それはナナママさんの愛でもあります。
私もマフを愛してます。
でもあまりにあっけなかったあの子に、ナナちゃんのような生きる力と勇気を与えられなかったのはわたしのせいだと思ってます。

だから諦めないで!
諦めた時、愛犬も諦めてしまうと思うから。
治療も介護も本当に大変なご心労でしょう、経済的にもご負担でしょう。泣きたくなることばかりかと思います。

でもナナちゃんの愛と笑顔に救われる。
ナナちゃんもまたナナママとナナパパの愛と笑顔に救われながら頑張っているのだと…。
心からエールをおくっています。
がんばって……!!




Posted by マフママ at 2008年01月12日 20:16
私や小春には、何も出来ることはないけれど…
ナナちゃんに少しでも長く穏やかな寝顔を見せてもらいたいです。

ナナママさんのナナちゃんを思う気持ちが、ナナちゃんに届いているから、
きっと『ほらママ、ナナはこんなにご飯も食べれるんだよ!おもちゃでも遊びたいよ!』って、
ナナちゃんなりの『頑張る力』を意思表示しているのかもしれません。

辛さと頑張りの間で、ナナちゃんもナナママさんも心と身体は元気ではないでしょう…
私なりですが、更新のたびにナナちゃんがご飯を食べているっていう文章に救われています。
ご飯を食べているうちはまだ大丈夫!って、何故か思っているんです。
でもナナちゃんに、今『ガンバレ』って言葉は辛いだけなのかもしれませんが、
少しでもナナちゃんを見ていたいので…
やっぱり言います、ナナちゃんガンバレ。
Posted by 小春屋 美々 at 2008年01月13日 11:47
元気を出して!ナナチャンだってまだ生きたいっていっているんでしょ。治療はナナチャンの体力を奪っていくだけだと思うなら中止するのも選択の一つに入れてあげないときっと楽しい思い出よりつらい思い出のほうが多くなってしまうよ。って大切なものをなくしたことが無い私が言っても説得力に欠けるかもしれないけれど・・・動物は食べることと動くことをやめたら残っているのは死のみだから今のうちに楽しい思い出を作っては?犬らしい死に方を選んでもきっとナナチャンは受け入れてくれると思うよ。
Posted by マイまま at 2008年01月13日 22:20
ナナママさんの気持ち…お察しします
どうしたらいいかわからなくなる。。。
本当にその通りだと思いますよ
今までだって、その壁に当たらなかったわけではないでしょうが、今回は本当に参っているのだと思います。
私はいつもナナちゃんの「食欲はある」というコメントに少しホッとするんです。
食事を消化するには結構エネルギーが必要なんです。本当に気力も体力もなければ、ワンコといえど食欲も落ちる。
だから、食欲があるうちは、尚更飼い主としては悩んでしまうかもしれませんね。

今まだ体力があるうちに、「抗がん治療」ではなく、「肝機能治療」をすることはできないんでしょうか?
徹底的に肝臓を治す…ということが。。。
Posted by manamama at 2008年01月14日 10:11
<LEEsMAMAN様へ>
応援ありがとうございます。
もう〜本当にどうしたらいいのかしら(>_<)
出来るだけ側にいてやろうと思っているんだけど、手を掛ければ掛けるほど…愛おしさが増してくるんですよね。
やれやれ…です。

<みゆ様へ>
応援ありがとうございます。
そう・・・
絶対に逃げないで後悔しないようにがんばります。
もう、苦しまないでほしいなぁ〜

<りえっち様へ>
今、りえっちさんと同じような状況に置かれて、りえっちさんがどれだけ苦しんで、どれだけ大変だったかがよくわかります。
抗がん剤が打てなくなった今、もう、なすすべはないんですよ。
ナナの生きる気力を信じるしか…
りえっちさん、
いつも応援ありがとう!

<リン様へ>
リンパ腫でも琴ちゃんのようにがんばっている子がいるんだもんね。
琴ちゃんはみんなの希望の星だよ(*^_^*)
病気がこの世からなくなるといいのにね。
抗がん治療ができない今、もう、どうしようもないんですよ…
奇跡は起きないかなぁ〜

<マフママ様へ>
そうか…
マフママさんの言葉で気がつきました。
「・・・何もしてやれなかった」
それも本当に辛いことですね。
でも、それは運命。
誰のせいでもないですよね。
ナナは幸せなのかも…
それに気づかせてくれたのはマフママさんです。
ありがとう!!
最後までがんばれそうです!(^^)!

<小春屋 美々様へ>
いつも応援(小春パワー)をありがとう!(^^)!
小春ちゃんがいつまでも元気でいてくれる事を心から祈っています。
最後までがんばりますよー

<マイまま様へ>
そうか…そうだよね。
最後の決断は、家族が下さないといけないと思うんだけど…
「犬らしく生きて、犬らしく死なせてやりたい」と今、心からそう思います。
応援ありがとうございます。

<manamama様へ>
いつも応援ありがとうございます。
ナナは食欲だけはあるんですよね(*^_^*)
って事は、まだ大丈夫なのかしら?
抗がん剤が中止になったので、肝臓の機能が回復してきてくれるといんだけど…
頑張れ!肝臓!
Posted by ナナママ at 2008年01月14日 13:49
つらいね、ナナちゃんママ・パパ。

ナナちゃんもつらいね。
どうしたら良いのかがわからず、戸惑っている様子が伝わってきてわたしも何と言ったら良いのかがわからなくって。
ごめんなさい。
少しでもナナちゃんが犬らしく生きられますように。
Posted by ガジラ at 2008年01月14日 22:12
ナナちゃん、ナナちゃんママ、
つらいですねぇ。

ママがナナちゃんにいて欲しいと思う気持ち、
ナナちゃんがママといたい、と思う気持ちがナナちゃんを支えているんだと思います。


ママがつらいと思うと
ワンコたちは自分のせいでママがつらい思いをしている、
自分の存在って・・・・って
思ってしまうらしいです。

ママ、つらいけど
ナナちゃんの前では笑ってね。
ナナちゃんがいてくれてうれしいよって、、ね!

ママの愛情で奇跡が起きてるんだもの。
ママ、しっかり!
パワー送るよ!!
Posted by ヴィーまま at 2008年01月15日 03:08
<ガジラ様へ>
もう「来るとこまで来た」って感じがします。
こんな事になるなんて…
やれやれです(ーー;)
どれくらい生きてくれるかわからないけど「一緒に」がんばります。最後まで…
いつも応援ありがとうございます。

<ヴィーまま様へ>
パワー受け取りましたよ!(^^)!
ありがとうございます。
ヴィーままさんも大変だろうけど、がんばってね。
私も後悔しないようにがんばります!!
Posted by ナナママ at 2008年01月15日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77810434
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。