平成20年3月26日
愛犬ナナは6年半の短い生涯を閉じました。
アジソン病とリンパ腫と戦いながら一生懸命がんばりました。
ナナ・・・今までありがとう。
いつかきっとまた、あなたと笑顔で会えるよね。
nanau110.gif
このブログとナナを長い間応援してくださって本当にありがとうございました。
ナナとの思い出を胸に、2代目コーギーかなと新しい生活を始めようと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら
↓↓↓
「かなと四つ葉のクローバー」
line_rose01.gif

48.ナナ元気に退院

2007年9月29日(土)
ご心配をお掛けしました。
ナナとっても元気に退院しました。(野生動物なみの回復力です!!)
な・な・何と・・・お腹を開けてみると、
筋肉の縫い目の裂けた所からが出ていたそうです。キャァァーーー
縫い目は他の部分も裂けていてグチュグチュだったそうです。
先生も「これは痛かっただろうねぇ〜これじゃゴハンは食べれないわー。
きれいにキッチリと縫っておいたからね。今度は大丈夫!」とのことです。
ついでに元気なので2回目の抗がん剤も入れておいてくれたそうです。

よくがんばったねぇ〜ナナ。ナナのあんな痛そうな顔を見るのはもういやですよ!
寿命が縮まります。
nana122.gif


・・・・と、めちゃめちゃ元気になったナナ。
おもちゃを持ってきては「遊べぇぇ〜」
寄ってきては「おやつちょだいってばぁ〜」
犬って正直ですね〜〜
nana123.gif
ナナ「あのぉぉ〜そんな事よりもですね、
       ゴハン・・・まだでしょうか?何時に食べれますでしょうか?」


ここんところすっかり忘れているアジソン病のこと。
フロリネフはずっと1日1錠をキープしております。
>>血液検査結果
9月23日 Na―113  K―5.2  CL―90
9月28日 Na―125  K―5.9  CL―87
9月29日 Na―125  K―5.2  CL―88



posted by ななかな at 15:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)

47.出べそが悪化!緊急手術(@_@;)

2007年9月28日(金)
26日(水)に退院したばかりのナナ。
退院してからどうも調子の悪いナナ。
ほとんどドッグフードを食べず、グッタリと横になり時々苦しそうに目をしかめる
どこか・・・何かが・・・おかしい〜〜
体の中で何かがおきている様な気がする!!
28日(木)歯茎と舌が真っ白!!
相変わらずの食欲不振。
ほとんど動こうとしない。やっぱり、どこか・・・おかしい。
退院した日の夜、抱っこすると、今まで5センチくらいの楕円状にプクッとお腹が膨らんでいた出べそ部分が大きく膨らんで硬くなっている。
この出べそは脾臓摘出手術をした時に筋肉を縫っていた部分が破れ、そこから体の中の脂がもれて出来ていたもの。
「ある日、突然、出べそ」の記事
ここが赤くなって腫れている。とても痛々しい。
調子が悪い原因は・・・出べそかぁぁ〜(@_@;)続きを読む

posted by ななかな at 16:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)

46.待ってました〜ナナ無事ご帰還

2007年9月26日(水)
ナナちゃん今日、無事「楽しい我が家」に戻ってきました。

ナナ「もう〜ヨレヨレでごじゃる」
nana119.gif


ナナ「ちょっと落ち着きまちたぁ〜」
   「この数日は・・・何じゃったんやろなぁぁぁ〜」
   「この前、靴下盗んだ罰かなぁぁ〜」
nana120.gif


「病院ではね、こう・・ね、足をね・・後ろにね・・ピコッと出せないのよね」
   「あぁぁ〜このスタイル!やっぱ、落ち着くわぁぁ〜」
nana121.gif

母「明後日、また病院だからね!」
ナナ「・・・・・・・・・・」


posted by ななかな at 11:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)

45.お見舞いに行ってきました。

2007年9月25日(火)
今日はナナのお見舞いに行く日です。連休が続いていて2日以上ナナに会っていない私・・・
とても不安です。
とりあえず今日退院してもいいように銀行からお金をおろして(いったい、いくらいるんでしょう(@_@;))、ナナの車用のマットを敷いていざ病院へ・・・・!!
病室に行ってナナを探すと・・・いた!!!!
思ったよりは元気そうだけど、やっぱりかなり疲れている様子。
今まで「脾臓摘出手術」の翌日も、病状が悪化して「緊急入院」した翌日も、お見舞いに行くとワンワンとビックリするくらい元気だったのに、今日は・・・
ヨレヨレでした。目やにがいっぱいついていて口を開けて吠えるんだけど声が出ていない。口をパクパクするだけ。
力が入らないんでしょうね〜〜点滴の管が痛々しい。
患者さんが大勢待合室で待たれていたのに、すぐに院長先生が来て説明をしてくれました。
続きを読む

posted by ななかな at 13:55 | Comment(5) | TrackBack(1) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)

44.症状が悪化 緊急入院

2007年9月22日(土)
症状が悪化し緊急入院することになりました。
前日の金曜日の夕方から嘔吐・下痢がはじまりました。あきらかに副作用のような症状です。
夜になっても嘔吐・下痢は止まらず立ち上がることすら出来なくなりました。
夜11時と12時に下痢。嘔吐は2時間おき・・・
夜12時ごろに主人が帰ってきたので「フロリネフだけは飲ませよう」という事になり、苦しがっているナナの口を開けて錠剤を飲ます。「どうせ吐くだろう〜」と思いながらもこの薬だけは飲ませたかった。
(ナナ・・・ごめんね)
夜の2時ごろまで起きていたんだけど、症状が少しおさまったので様子を見ながら寝ることにしました。
そして・・・土曜日の朝・・・少しは良くなっているかと思いきや、
7時に嘔吐、8時に嘔吐、9時嘔吐・・・・そして、すごい下痢
もうこの世の終わりのような苦しみよう・・・もう〜あかん!!!緊急事態!!
ナナを病院に運ぶ!!
続きを読む

posted by ななかな at 15:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)

43.今夜は長い夜になりそう・・・

2007年9月21日(金)
昨日抗がん剤を投与されたナナ
朝はおいしそうにドッグフードを食べていたのに、
お昼からバッタリとゴハンを食べなくなった・・・全く、見向きもしない。
「副作用?」でも、副作用にしては反応が早すぎる。
夕方から嘔吐が始まる。
よっぽどしんどいのか、じっと寝ていることすら出来ない様子。
寝ていてもしばらくすると苦しそうに寝返りを打つ。そして、ヨロヨロと歩いて別の場所に行ってはドタッと横になって苦しそうにしている。そして、また苦しそうに寝返りを打つ。そして・・・嘔吐。
中身があまり出ないので多分・・・副作用のような気がする。
もう生きているのすら苦しそう・・・
この間まで副作用は全くなかったのに、
どうしてしまったのナナ。
今日は長い夜になりそうなので早目に晩ゴハンとお風呂に入り、スタンバイ!
ナナはアジソン病があるので夕方のお薬(フロリネフ)は絶対に飲ませたい。
全く食べ物を受け付けようとしない、どうしよう。

何度も何度も嘔吐している。
嘔吐したものを片付けながら・・・涙が出てくる。
明日はきっとよくなるよね。だから、がんばろうね。

posted by ななかな at 20:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)

42.2クール目の抗がん治療が始まる。

2007年9月20日(木)
今日から2順目の抗がん治療が始まりました。
先週1週間病院に行かなかっただけで随分病院に行ってないような気がする。
いつもいっぱいの動物病院も今日はなぜか待合室は数人程度・・・
こんな日もあるんだねぇぇ〜と思っているとすぐに呼ばれ診察室へ。
「どうですかぁぁ〜」と先生
「副作用はまったくなく、食欲旺盛!!でも、
・鼻血が止まらない事
・非常に疲れやすい事
・ここ数日歯茎が真っ白で貧血を起こしているように思える事
・息が荒い・・・」など伝えました。
nana118.gif
鼻血は困ったねぇぇ」と先生
鼻に腫瘍ができている可能性が高い。鼻の腫瘍は手術しても取りきれるものではない。取っても再発し放射線治療が必要になる。鼻の腫瘍よりも致命的なリンパ腫の治療を優先的にすすめていくほうがいい、とのこと。
脾臓摘出手術後、ガンと診断された時「もう、手術はしない」と心に決めた私。(何度も手術してるからねぇぇ〜)
先生の言葉に納得。
鼻の腫瘍はほっておいても1,2年生きている子がいるが、リンパ腫は半年命をつなげれるかどうかが第1の目標!
たとえ、半年命をつなげることができたとしても1年・2年生きている子はほとんど・・・いない。らしい・・・
出来るだけ見ないように目を背けていた現実を目の前に突きつけられたような衝撃が心の中を貫く。
がんばれるか?ナナちゃん!現実はきびしい〜〜続きを読む

posted by ななかな at 14:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記42〜48(抗がん治療2)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。